今すぐお金が欲しいときは、どうすれば良い?

金融会社や銀行のキャッシング、カードローンを利用する

今すぐお金が欲しい、必要だと思ったとき、どのようにしてお金を用意するかというと、

  • 短期のバイトをする
  • 不用品を売ってお金にする
  • 金融会社や銀行からお金を借りる
  • 友人や両親からお金を借りる

といった方法があります。ある程度、まとまった大きな金額では、身内からお金を借りることや短期バイトでは難しいでしょう。

不用品を売ったとしても、ちょっとしたお小遣い程度にしかならないことが多いです。急ぎでお金が欲しいし、借りる金額も大きいというときは、消費者金融や銀行からお金を借りる方法が一番でしょう。

今日中にお金を借りたいときは?

今すぐお金が欲しい。しかも、できるだけ早く、今日中に用意をしたいということもあるでしょう。例えば、

  • 夕方から飲みに出掛けることになってそのお金を用意したい
  • 明日デートがあるけどデート費用が足りそうにない
  • 引き落としに間に合わない

など色々な理由が考えられます。今日中にお金を借りたいときは、まず「時間」を確認しましょう。

「時間の確認より即日融資が可能なところを探すのが先でしょ?」と思うかもしれませんが、実は「申し込みの手続きをする時間」というのがすごく大事なのです。というのも、金融機関の手続き上、14時を過ぎて振込やキャッシングの依頼をしても、翌日になってしまうことがあるからです。できるだけ早くお金が欲しい場合は、

  • 現在時刻
  • 審査時間が早いこと
  • 申し込み後、融資を受けるまでの時間が短いこと

がポイントになってきます。

ネットバンクなら24時間対応

ネットバンクを利用してお金を借りるという場合、24時間で対応してくれるところが多いです。振込がリアルタイムで反映されるので、夜に手続きをして審査に通れば、朝までにはお金を用意することもできます。

ネットバンクの口座を持っていなくても、申し込みをすると同時に口座開設もできます。ネットバンクなのでキャッシュカードが手元になくても、自分の口座に入金することができます。

普通に自分の銀行口座からお金を引き出すのと同じ感覚で利用できるので、忙しいという人にもピッタリです。申し込みと同時に融資を依頼して、自分の口座に振込をしてもらうことも可能ですし、返済も自分の口座から引き落としにすることもできます。

毎月一定の収入があるという人の場合は、給与振込の口座を引き落とし口座に指定しておくと、引き落とし忘れなどを防止することができます。返済する口座を別に用意すると、うっかり忘れてしまったり残高不足で引き落としができないこともあるので、同一にしておくと良いでしょう。

WEB完結なら郵送も必要ない

クレジットカードの多くは、書類で申し込みの手続きを行います。必要な情報を記入して、本人確認の書類を用意してといった手間がかかるのですが、WEB完結タイプなら面倒な書面でのやり取りがありません。

もちろん本人確認書類が必要ないということではありません。免許証など本人確認ができる書類を携帯やスマホのカメラ機能を使って撮影をして、申し込み時にデータを添付する形で提出します。WEB完結タイプは自分が店頭に直接行く必要がありませんし、本人確認書類をコピーする必要もないため、誰にも知られずにお金を借りることができます。

申し込みの手続きに時間を取られることもなく、最短のところは30分で審査が終わり、今日中にキャッシングをすることができるところもあります。申込書類に不備があると何度も書面でやり取りをする必要がありますが、必要な書類が初めから少ないWEB完結の場合はそういったミスも少なく済みます。

またメリットとしては「家族の目が気にならない」という点も上げられます。郵送の場合、どうしても自宅に書類が届いてしまうので、家族から「なんでこんなところから書類が?」と不審がられてします可能性もあります。ただダイレクトメールと思う人もいるでしょうが、少しでも不安を感じるなら即日融資という点でもWEB完結タイプが良いでしょう。

金欠

更新情報